スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<日本年金機構>職員が特定業者に情報…照合作業現場など(毎日新聞)

 日本年金機構は8日、年金記録の紙台帳とコンピューター記録の照合作業を巡り、記録問題対策部所属の40代男性職員が一般競争入札の官報公示前に、特定の2業者に全国29カ所の照合作業現場の設置都市などの情報を伝えていたと発表した。5月の入札では、この2業者が29カ所中計21カ所で落札。機構は、職員と業者に金品や飲食の絡む接触は確認されていないとしたうえで「法令違反ではないが、誤解を招き不適切だった」として職員の処分を検討する。

 機構によると、職員は4月5日の官報公示前の3月12日、29都市名と各地の作業人数の一覧を2社の担当者に提示したりメールで送ったりしていた。職員は「照合が予定通り進まないことを心配し、関連業務で実績がある業者に参考に伝えた」と説明しているが、上司や調達担当者に知らせていなかった。

 機構は、この職員以外のケースでも官報公示前に各地の不動産業者らに都市名などを情報提供していたことを明らかにし「入札前に情報をどこまで示すか、ルールを明確化したい」と話した。【野倉恵】

<雑記帳>完走者はコシヒカリ食べ放題 新潟・南魚沼(毎日新聞)
<参院選>菅首相、勝敗ライン50議席見直さず(毎日新聞)
菅首相が参院選勝敗ラインを上方修正 「50議席超えが望ましい」(産経新聞)
大学教員が盗撮容疑、カバンのビデオカメラで(読売新聞)
国民の信頼回復にまい進=菅内閣、初閣議で基本方針(時事通信)
スポンサーサイト

民主代表選 樽床氏と菅氏が立候補届け出(毎日新聞)

 鳩山由紀夫首相退陣に伴う民主党代表選の立候補受け付けが4日午前9時から党本部で行われ、樽床伸二衆院環境委員長(50)、菅直人副総理兼財務相(63)の順に立候補を届け出た。11時から国会内で両院議員総会を開き、党所属の衆参国会議員423人による投票で新代表が決まる。

【明快にわかる図説】親小沢~非小沢 民主党内人脈図2010年バージョン

 党内に幅広く支持を広げている菅氏の新代表選出が確実な情勢で、菅氏は同日午後2時からの衆院本会議での首相指名選挙を経て、新首相に就任する見通し。

【関連ニュース】
【何をアピール】菅氏の出馬表明会見の詳細 衆参同日選は否定
【何をアピール】樽床氏の出馬表明会見の詳細
【関連記事】民主党代表選:菅氏、余裕の表情 樽床氏は若さ前面
【関連記事】「菅政権」人事巡り駆け引き 顔ぶれは?
【副総理としての仕事】写真特集 観艦式:40隻31機参加 菅副総理が乗艦

16歳少年が中学生に自分有利な賭けマージャン参加強要 金脅し取る(産経新聞)
積雪落下防げる?庇なし薄型LED信号機(読売新聞)
28歳の男女に聞く、異性に対し“イラッ”とくること(Business Media 誠)
<乱気流事故>ベルトの着用、揺れ直前に点灯か 運輸安全委(毎日新聞)
ゴタゴタ自民 推薦で県連と対立 参院選宮城(産経新聞)

朝鮮学校無償化、哨戒艦事件と別議論で…文科相(読売新聞)

 川端文部科学相は25日の閣議後の記者会見で、高校授業料の実質無償化の対象に朝鮮学校を含めるかどうかに関し、韓国哨戒艦沈没事件を受けての北朝鮮への追加制裁とは切り離して議論されるべきだとの考えを示した。

 文科省は5月中にも設置する予定の専門家による検討会の議論をふまえ、8月ごろまでに実質無償化の可否を判断する予定だ。川端氏はこの検討会について、朝鮮学校が高校課程に類するかどうか判断する場だとし、「外交的配慮などでうんぬんすることではない」と注文をつけた。その上で、日本が追加制裁を行った場合、それを理由に無償化の対象から外すことは「ないと思う」と述べた。

首相、訓練区域や防空識別圏返還に全力(産経新聞)
池袋でビル工事の外壁が落下、女性にあたりけが(産経新聞)
FC東京・石川選手が追突事故=けがなし、脇見運転か―警視庁(時事通信)
ワクチン接種、新たに3市1町で=牛にも実施―口蹄疫問題(時事通信)
<兵庫県警>巡査 「いい女の子紹介して」と交通違反見逃す(毎日新聞)

世界は普天間移設をどう報じているのか(産経新聞)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設問題について、鳩山由紀夫首相は米国などに約束していた「5月末までの決着」を事実上断念した。今月4日には就任後初めて沖縄県入りし、「最低でも県外への移設」という自らの主張は非現実的だったと、仲井真弘多(なかいま・ひろかず)知事に釈明したが、県民から猛烈な批判を浴びた。迷走を続ける鳩山政権と普天間問題に関して、欧米の主要紙はどう報じたのか。

  [フォト]「まるで自民党と同じ手法」と報じるインターナショナル・ヘラルド・トリビューン

 ■「次の首相が現在の流れを覆せ」ウォールストリート・ジャーナル・アジア版(米国)

 「日米安保が東アジアの安全保障の基軸になるという賛美すべきビジョンを達成することが、そもそも実現不可能だと認めるべきではないのか」

 普天間移設問題で11日付の米紙、ウォールストリート・ジャーナル(アジア版)は、米国家安全保障会議(NSC)の元不拡散戦略部長で米シンクタンク、外交評議会の国際問題研究員、キャロリン・レディ氏の論評を掲載。強固な日米関係の回復が望ましいとしながらも、米国は今後の推移次第で、アジア太平洋地域の安全保障に関して、韓国や豪州、インドなどとの関係強化に方針を切り替える可能性があると警告した。

 この中でレディ氏は、普天間問題をめぐる鳩山政権の対応を「お粗末」と酷評。「過去65年間、日本は近隣・周辺諸国の安全と平和維持の側面で、経済力に見合った役割を果たせずにきている」と指摘し、日米両国は以下の3点を再考することで、今回のドタバタ劇からなにがしかの教訓を引き出すよう促している。

 第1は日本の防衛態勢の拡充。駐留米軍の重要性への理解が薄ければ「(見解は)独り善がりに陥りやすい」と述べ、安保面でのさらなる貢献を日本側が模索する必要性を指摘する。

 第2は憲法9条の改正。レディ氏はこの条文が「米国や他の民主的な同盟国と日本が公平なパートナーになることを妨げている」と切り捨てる。

 そして第3が、日本以外の国との関係強化をにらんだ、米国によるアジア太平洋地域の防衛構想の練り直しだ。

 ただ、レディ氏は強固な日米関係が東アジア安保の理想だと主張。「誰にとっても望ましい」のは「次の日本の首相が現在の流れを覆すことだ」と述べ、鳩山首相の退陣が特効薬との考えを暗に示した。(ワシントン 犬塚陽介)

 ■「まるで自民党と同じ手法だ」インターナショナル・ヘラルド・トリビューン(国際紙)

 5日付の国際紙、インターナショナル・ヘラルド・トリビューンは、米軍普天間飛行場の移設候補地とされた自治体と政権の対立が、鳩山首相の政治生命の「大きなリスク」になるとの分析記事を掲載した。

 記事は移設候補地とされた鹿児島県徳之島や、沖縄県での政府に対する激しい抗議運動の様子などを紹介。膠着(こうちゃく)状態に陥った問題の解決には「鳩山首相の辞任しかない」などと指摘する専門家の分析を掲載している。

 記事は、徳之島の人口の約半分が参加したとされるデモの様子や、「鳩山首相が来たら(闘牛で知られる同島の)牛を使ってでも食い止める」と激しい怒りをあらわにする島民の声を紹介。

 また沖縄でも、県外移設実現を強く求める自治体の首長らの意見に言及し、「(決着を約束した5月末の)期限までにまともな解決策を見いだすのはほぼ不可能」「ここまでこじれた事態を打開するには、鳩山首相が辞任するほかはない」などとする学識者らの分析を紹介している。

 また記事は、鳩山首相が危機に陥った原因のひとつとして、国と地方における力関係の変化があると指摘。自民党がかつて「太っ腹な公共事業投資や地域の有力者に対する裏工作」で困難な事業を実現させてきたのに対し、鳩山首相は自らが「無駄な支出の削減や政治の透明性確保」を約束し政権を取ったことで、地方に対し国が政策を押し付けにくいと分析した。

 ただ、それにもかかわらず鳩山首相は、徳之島の元有力政治家に都内で会い、支援の取り付けを試みるなど「まるで自民党と同様の手法」で移設を実現させようとしているとも指摘している。(黒川信雄)

 ■「“手錠”が外れず苦闘するハトヤマ」フィナンシャル・タイムズ・アジア版(英国)

 5日付の英紙、フィナンシャル・タイムズ(アジア版)は、鳩山首相が沖縄県を訪問し“おわび行脚”したことについて、「“普天間の手錠”を外すのに苦闘するハトヤマ」と題する記事を掲載、「首相は地元の批判と米国の圧力にさらされている」と論評した。

 同記事は、米軍基地を「最低でも県外」に移設すると主張していた首相の変節が県民から非難されている実態を詳述。その上で、「新案がいいビジネスにならない可能性もあり、政府を支持してきた地元建設業界との信頼関係も損なわれかねない」と指摘した。

 また、連立政権内に代替案をめぐって一致した見解がなく、鳩山首相が「5月末決着」の“公約”をほごにしようとしていることが「民主党政権の深刻な低迷の原因」と解説している。

 記事は一方、鳩山政権に対する米国側の反発にも言及しており、「長く協議した計画を鳩山首相が脇に追いやろうとすることに、米国の政府高官やアジア専門家は驚かされている」と指摘。また、「彼には別の計画もないのに、なぜ合意を見直そうとするのか分からない」とするアーミテージ元米国務副長官の不満も取り上げた。

 トヨタのリコール問題が起き、中国が経済面で日本に追いつき追い越そうとする情勢の中、基地問題で日米関係がゴタゴタするのは得策ではない。記事は「(混乱は)戦略的パートナーとしての日本の名声をも傷つける」とする元米国家安全保障会議アジア上級部長、マイケル・グリーン氏の見方も紹介し、日本に問題の早期解決を促している。

 ただ、米国の圧力で首相が辞任すれば米国にはマイナスとなるため、「鳩山氏に厳しい-と周りから見られることは米国も避けたい」と分析している。(黒沢潤)

【関連記事】
普天間 首相退陣を求める産経 仕切り直し求める朝日
細野氏「代表の言葉は党の公約、おわびしなければ」
亀井氏「急いで決着の必要ない」 普天間問題で
“赤い軍隊”中国軍のウソ 多角的に検証
あまりに軽い…普天間をめぐる鳩山発言の変遷
少子化を止めろ!

日米地位協定に「環境条項」=沖縄配慮、改定提起へ(時事通信)
<振り落とし殺人>2容疑者を逮捕 京都府警(毎日新聞)
<毎日・DAS賞>「金の卵賞」に金沢美術工芸大の水野さん(毎日新聞)
よみがえれ、星空の思い出=投影機、展示保存へ募金活動―五島プラネタリウム・東京(時事通信)
<CO2濃度>過去最高 国内3地点(毎日新聞)

室内から複数足跡 横須賀の男性殺害(産経新聞)

 神奈川県横須賀市の住宅の台所で、住人の無職、小林章浩さん(62)とみられる男性の遺体が見つかった事件で、県警捜査1課は7日、遺体の状況などから殺人事件と断定し、浦賀署に捜査本部を設置した。

 捜査本部は同日、司法解剖を行い、死因などを調べるとともに身元の特定を急いでいる。

 捜査本部によると、遺体は死後約1週間が経過し、カーペットのようなものを掛けられていた。頭部に刃物で切られたような傷と、殴られたような傷が複数あった。遺体があった台所と、隣接する居間からは血痕が見つかったほか、室内からは複数の足跡が発見された。物色された形跡はないという。

 小林さんは1人暮らし。6日午後6時40分ごろ、近所の住民からの通報で駆けつけた浦賀署員が遺体を発見した。

【関連記事】
横須賀市の住宅に男性の変死体 殺人事件で捜査 
別れさせ屋と元夫を提訴 殺害された女性遺族
空き家物置の女性遺体 死因は頸部圧迫の窒息死
耳かき店員殺人事件 被告を精神鑑定へ
ビニールシート遺体、県内の26歳女性と判明 静岡・御殿場
「高額療養費制度」は、もっと使いやすくなる?

遊具から転落、15歳重傷…安全バーから足抜く(読売新聞)
アカヤシオ ピンクの大波…三重・御在所岳(毎日新聞)
難しい言葉多く、意味は?…子ども手当申請書(読売新聞)
鳥取の行楽地は大盛況 GW記録更新(産経新聞)
日銀が2兆円を即日供給=昨年12月以来-市場に安心感与える(時事通信)
プロフィール

ミスターきよはるかめおか

Author:ミスターきよはるかめおか
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。